悪魔芸人名鑑 D E V I L - A N A L I Z E

双頭のブラコンドッグ




HAN・オルトロス
兄者は(また)☆になりました
番犬兄弟の弟
アニジャ大好き
山岳救助犬
ファイヤーブレス
体当たり
丸かじり
蛍ケルベロスを兄に持つ番犬兄弟の弟。

兄である蛍ケルベロスがヒドイ目に遭うと庇う仕草を見せる兄思い。
(大体はその努力も徒労に終わるのだが…だって、メンツが…ね…)
それでも、常日頃の末っ子(?)としての気苦労が多いのか、
蛍ケルベロスがファミレスで暴走し、炎を撒き散らした際には、
「兄者には灸をすえてやらねばならぬ…」と、凍った兄に体当たり。
兄の身体にヒビを入れてしまったコトも…

また、最終スレまで常連であり続け、終焉を迎えた悪魔達の中で唯一、
大破壊→三途の川逝きを免れた悪魔でもある。

なりスレ中盤ではよく死んでたのに、ハルマゲドンを免れるあたり、
兄より少しだけ運のステータスが高いのも納得…

※ハッカーズでは運の値が ケルベロス=7 オルトロス=8


HANの終焉

--補足--

屋台街(なりきり前スレ)で起きた大爆発であったが、
HANオルトロスはとある事情により魅緒の追撃を受けるのを恐れ
しばらく前に行方を暗ましていた。
それ故に、大爆発の被害を免れていたわけである。

翌日、様子を見てこようと再び屋台街へ戻ってきたのだが…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・・・・
何ダ コレハ・・・・
巨大ナ くれーたーガ ココハ屋台街デハナカッタノカ?
我ガ行方ヲ暗マシテイタ間ニ 何が起コッタトイウノカ・・・

- 辺りを見回しても、
目に映るのはひび割れた大地が広がるのみ。
苦楽を共にした仲魔達はここには もういない… -


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


- 何かが弾けた。
 気が付けば、声にならない声で
 空に向かってただただ吼えていた。
 何故そうなったのか 自分でもよく分からない -

- その後HANオルトロスは
  建設中のとあるホテルにて身を寄せていた。
  そこには偶然にも他の悪魔たちが徘徊しているところだった。 -

ファァ・・ マサカ 地上ニ悪魔ノ徘徊スル場所アッタトハナ・・
噂ガ広マッテイルオカゲデ コウシテ住マウコトガ出来ルワケダガ

シカシ ココデ過ゴシテバカリイルノモ退屈ダナ
仲魔達ト世間話シテイルノモイイガ・・
何カ刺激的ナコトデモ起コラナイダロウカ
- 少し前から平穏な時間が過ぎていく生活に飽き飽きしていた。
そんなことを考えているとき、転機は再び訪れた…。

 突然彼の目の前に1人の青年が現れた。
 その手には銃らしきものが握られていた。
 此処では時々人間を見かけるが、彼もその1人なのだろう。
 しかし、彼はどこか違っていた。
 どこか華奢な雰囲気を感じるが、その瞳には俗悪な欲は感じない。
 それでいて秘めた情熱を持っている。

   何故だろう、この人間に付いてけば新しいものに出遭える。
 そんな気がしてままならない。

・・・賭ケテ ミルカ・・・・

- 幸い彼は人間に対してそれ程偏見を持っていなかった。
 むしろ彼はこの人間に惹かれている。  そう感じていた。

 そしてその人間が話しかけてきたとき、
 彼は無条件で仲魔になることを打ち明けた。
 最初、その人間は意外な反応に戸惑ってはいたが
 すぐさまその好意を受け入れた。-


       我ノ全テ ウヌニ託ソウゾ
inserted by FC2 system